1. HOME
  2. Human Powered Academy
  3. HUMAN POWERED 2024
  4. 「エンタメ字幕・マーケセッション第2弾 ~ 文字数・見直し・スタイルガイド」(オンライン講座)

Human Powered Academy

過去のHuman Poweredセッション

HUMAN POWERED 2024

「エンタメ字幕・マーケセッション第2弾 ~ 文字数・見直し・スタイルガイド」(オンライン講座)

「エンタメ字幕・マーケセッション第二弾 ~ 文字数・見直し・スタイルガイド」

2024年6月22日(土)

日本時間19時00分開始

チケットはこちら(朱宮さんセッションのみ)

チケットはこちら(天野さんセッションのみ)

チケットはこちら(両方購入)

添削チケット購入はこちら

6月22日(土)

19:00-20:30
わたしの考える、最強の見直し法

20:30-20:40
休憩10分

20:40-22:10
字幕翻訳の最大の壁・字数制限に挑戦しましょう!

22:10-22:40
翻訳会社やクライアントは何を見ているのか 〜 スタイルガイドを守る意味について

22:40-23:00
ディスカッション「要求される基準を満たした翻訳をするには」


なお、時間は目安になります。セミナーの進行具合によりひとつひとつのセミナーは少しだけ短くなる、または時間内に終わらない可能性もあります。その場合はディスカッションの時間を長くする、または短くすることで対応したいと思います。

朱宮令奈

19:00 – 20:30

わたしの考える、最強の見直し法

「見直しの大切さ」はよく語られていることではありますが、実務では時間が限られている中で見直しをやらなくてはなりません。またワード(文字)単価制の案件の場合、見直しに時間をかければかけるほど時給は下がるというジレンマもありますよね。

翻訳後の疲れたアタマを働かせながら、効率よく効果的に見直しをするにはどうすれば良いのか。翻訳者になって20年弱、現在は二次チェッカーや最終チェッカーなど、「品質の最後の砦」的な仕事をメインで受注している私、朱宮令奈が、現状ベストだと思える見直しの方法、実際に私が普段使っている手順をお伝えします。

いくつかのツールを組み合わせた見直しの方法についてお話ししますが、その一つ、Xbench(訳語検索&QAツール)については実際に受講者の方に触っていただく、ミニワークショップの時間を設けます。Xbenchは多機能なツールですが、特に「チェックリスト機能」というものを使うと、各案件のスタイルガイドに沿った校正ができるようになるので、非常に便利です。このチェックリスト機能についても本講座で扱います。

Xbenchは触ったことのない方も、Xbenchのチェックリストについて知りたい方も、あるいは見直しに役立つ他のツールについて知りたい方も、ぜひお越しください~!

〔受講いただく方へのお願い〕

今回、Xbenchのワークショップを行います。セミナーの中で実際に皆さんにXbenchを触っていただきます。XbenchはWindows環境で使えるツールですので、可能であればWindows環境での参加をおすすめします。Xbenchは有料版(=ApSIC Xbench 3.0)と無料版(=ApSIC Xbench 2.9)がありますが、セミナーではどちらをお使いいただいても構いません。お持ちでない方は、無料版([ApSIC Xbench 2.9 – Installer]>[Download]をクリック)のダウンロード&インストールをあらかじめお願いいたします

プロフィール
朱宮令奈(Reina Shumiya)

英日のフリーランス翻訳者/校閲者/QA担当者。IT分野とホテル分野のマーケティング文章が専門。

大学時代、ミス1個発見するごとに100円もらえる校正バイトでミスを発見しすぎて荒稼ぎしてしまい、その会社の制度を変えてしまった(ミス1個ごとに10円へと大幅値下がりしてしまった(泣))逸話(?)を持つ翻訳者。翻訳者になってからは、その校正・見直しの能力にさらに磨きをかけ、現在はラングエッジキャプテンなど、プロジェクト全体の品質を守る仕事をメインで請け負う。ガジェットやツールが大好きな翻訳者。

文学部英文学科を卒業後、予備校講師(英語・社会)、カナダ留学(通訳翻訳専門学校に通学)を経て、20代で翻訳者に。フェローアカデミーの翻訳通信講座「マスターコース『IT・マーケティング』」2022年度講師。昨年のHuman Powered「エンタメ・産業字幕&マーケティング翻訳セッション」のほか、翻訳塾のセミナーやJTF翻訳祭、JAT TACセミナーなど、数々のセミナーで登壇。通訳・翻訳WEBのコラム連載「メールに素早く返信するコツ」(2023年改訂、全10回)を執筆。翻訳実務士(IT)。

20:40 – 22:10

字幕翻訳の最大の壁・字数制限に挑戦しよう!

内容は去年とほぼ同じで、皆様に提出していただいた翻訳原稿から、良かった訳例や要改善点を紹介することを通して、「良い字幕翻訳とは?」を考えていく形式なのですが、前回と違うのは、課題映像の特色です。

早口の英語!長いカタカナの固有名詞たくさん!画面に表示される文字もたくさん(音声だけでなく、画面情報も翻訳します)!…ということで、典型的な「字数制限との闘い」になりそうな課題に挑戦していただきたいと思います。

字幕翻訳といえば字数制限!…と言い切れるほどは単純ではないのですが、それでも「テンポよく、映像と合わせて気持ちよく読んでもらえる翻訳」を目指すのはまさに字幕翻訳の神髄と言えるでしょう。

字幕翻訳のスキルを磨きたい方はもちろん、参入する予定のない方も、厳しい制約下で読みやすく・伝わりやすい翻訳をするための練習として、あるいは普段字幕翻訳をしている人がどんな工夫をしているのか知る機会として、ご活用いただければと思います!

※先着15名まで添削(別料金税込2500円)を提供しますが、添削した原稿は匿名で要改善例として取り上げることもありますので、希望されない方は無料で提出するようにお願いします。

※添削の対象となるのは、映画の撮影技術に関するドキュメンタリー3分間の字幕翻訳原稿です。SSTかBabelで取り組んでいただくこともできますが、字幕制作ソフトをお持ちでない方も、字幕翻訳の学習経験のない方も挑戦できます。

※添削料が昨年より2倍以上になっているのは、分量や添削の質が変わるからではなく、映像素材の使用料に伴う値上げです。今後も継続して興味深い映像素材でセミナーを提供していくことを目的としての値上げですので、その考えに賛同していただける方のご応募をお待ちしております(ただ、翻訳の分量は前回の1.5倍以上になっているとは思います)。

プロフィール
天野優未(Yumi Amano)

英日字幕翻訳者。フェロー・アカデミーにて字幕翻訳上級「天野ゼミ」講師を担当。

大学で図書館情報学を学び、外国人に英語を使って日本語を教える仕事や自然言語処理のための日本語分析の仕事、国語専門塾の講師やテレビリサーチャーなどの職を経て、2016年字幕翻訳者デビュー。

以降、『アダムス・ファミリー』のスピンオフドラマ『ウェンズデー』など、配信系人気作品を多数字幕翻訳している。

平均年齢の高い映像翻訳業界で20代でデビューし、「超多忙な若手映像翻訳家」としてインタビューされ、すぐに劇場公開作や注目作を担当するようになった特異な経歴や、日本語に対する興味から翻訳の道に入ったという独自の立場だからこそ教えられる字幕翻訳を日々探究している。

,

天野優未

22:10-22:40

翻訳会社やクライアントは何を見ているのか 〜 スタイルガイドを守る意味について

22:40-23:00

ディスカッション「要求される基準を満たした翻訳をするには」

事前質問を中心にディスカッションを進めます。事前質問はいくつでもお書きいただけます。

ディスカッションパートナー Kaori Myatt

Kaori Myatt

Kaori Myatt (マイアット かおり)

 

お問い合わせはお気軽に info@humanpowered.academy まで

 

チケットはこちら(朱宮さんセッションのみ)

チケットはこちら(天野さんセッションのみ)

チケットはこちら(両方購入)

添削チケット購入はこちら

Human Powered Academy